長期ならホテル利用より50%以上お得なマンスリーマンション千葉

ベッドルーム

ニュース

長期滞在の第一選択肢

マンスリーマンションは千葉などの都市部に近年増えてきた新たな滞在地の選択です。一時的な仮住まいとしてその使い勝手は相当優秀で値段的にも抑えられて魅力的です。
どういう時に使うかというと、海外転勤から帰ってきて一時的な滞在地が必要なときに利用されます。海外から帰ってきたばかりだと家財道具もほとんどないことが多いですよね。飛行機便で主要な荷物をすべて運べることは少なく、たいていの場合は船便も併用するはずです。その船便が到着するまで一時的に住める住まいとしてマンスリーマンションは活用されます。
マンスリーマンションはキッチンから様々な家具まで一通り用意されています。普通の生活を一ヶ月程度そこで行うのに必要なものが揃っているのです。これがウィークリーマンションだとやや置かれている家具が少なくて普通に生活するには不便を感じるかもしれません。できるたけ一般的な生活が送れるようなレベルとなっているのがマンスリーマンションなのです。
さらに値段もウィークリーマンションや一般的なホテルより安く抑えられ、立地を選べば都心部に賃貸マンションを借りるのに毛が生えた程度の値段て住むことができます。極力抑えた値段で新生活を始められるのは嬉しいですね。

気になるマンスリーマンションの水道光熱費

マンスリーマンションの料金で気になるのは、その水道光熱費です。マンションで生活するということは当然のことながら水道光熱費がかかりますので、その支払い額がどれくらいになるのかは気になって当たり前です。どこと契約するかによってその支払額は微妙に違ってきますが、だいたいの場合1日当たり税込みで約600円~700円くらいを前払いするところが一般的です。
それを月換算すると約20000円弱ですので、それを高いと感じるか安いと感じるかは人によって違います。また、ファミリータイプのマンスリーマンションになるともう少し上乗せされるかもしれません。
しかし、これらは定額というわけでは決してないです。あまりにも常軌を逸した使い方をすれば、その分余計に請求されることは十分あり得ますのでその点は気をつけなければならないです。常識的な使い方をしていればそんなことにはならないと思いますが、一日中エアコンをつけっぱなしにしたりなどすると、もしかしたら別請求される可能性もありますのでほどほどにしておかなければならいということは覚えておいたほうが良いです。
ただ、1日当たりで金額が決まっているなら面倒な計算は必要ないということでもありますし、住みやすいよう便宜がはかられていることは確かです。

長期ならホテル利用より50%以上お得

地方都市から都会へ、または都会から地方都市へと、長期の出張をしたり旅行をすることがあるでしょう。1週間以内という短期間ならホテルを利用することでも、出費はそれほど大きくなりませんが、数週間や1ヶ月を超えるとなったら、予算的に大きく負担になることでしょう。それは個人でも会社としても同様です。
そんな時、最初からマンスリーマンションを千葉で利用することにより、予算を低く抑えることができます。
安いビジネスホテルで1日あたり8,000円と考えてみます。地域やプランによっても異なることはありますが、単純に1ヶ月(30日)宿泊し続けると24万円かかります。普通の感覚だと非常に大きな金額に感じることでしょう。
しかし同じ地域のマンスリーマンションを千葉で借りるとなったら、1ヶ月あたり10万円以下の料金から借りることができます。安い地域ならば一ヶ月6万円台のマンスリーマンションも存在しています。
ビジネスホテルを利用する場合よりも、予算を半分以下に抑えることが可能になるのは、とても魅力的に映ることではないでしょうか。しかもマンスリーマンションでは必要な家具や家電は最初から揃っていますし、ホテルと変わらない生活をすることができます。ぜひ長期滞在ならマンスリーマンションを千葉で利用すべきでしょう。

最近流行りのマンスリーマンションを千葉で探している方に是非見て頂きたいのが【マンスリー48】というサイトです。条件でも探すことのできるコチラなら理想の暮らしを千葉で実現することができますよ。

ロフト付きのワンルーム

おすすめの記事

記事一覧